ATAのhomeへリンク木材試験機メニューへ会社概要へ            ATAへメール 

Micro-Beam Moisture Meter for Lumber
 
マイクロ波含水率計
 
MB-3100


ラミナ用含水率計

モルダー加工前工程で高速含水測定

過乾燥・適含水率・高含水の3判定出力
リアルタイム温度補正機能

MB-3100は(財)日本住宅・木材技術センターの認定機種です。
(認定番号:2-03-002)

概 要

MB-3100は、従来のマイクロ波含水率計が木材の繊維方向に沿って計測している方式と異なり、木材の繊維方向にマイクロ波ビームを直行させ、木材が横移動している最中に測定するマイクロ波透過型木材含水率計です。1台の本体に複数個のアンテナを接続でき、高速・高精度測定を可能にした、まさに含水率測定の革命機です。



マイクロ波透過型
木材含水率計 MB-3100本体
財団法人日本住宅・木材技術センター認定器

ラミナ用高速測定アプリケーション/ 研削する前に含水判定・不良材は再乾燥ラインへ

 研削加工する前に含水率測定を行い、含水不良材を排出し再乾燥へ廻すラインでは、加工ラインに入れる前で、含水率測定、目視検査が行われます。 このラインスピードが60m毎分でもラミナの幅分、約10cm移動する時間は0.1秒しかありません。MB-3100ラミナ用は、4ch(アンテナ4個分)測定し、温度補正を行い、3分類判別信号を出力します。
また、ch別の含水率、4chの平均含水率を外部コンピュータ等へRS232C出力します。

RS232Cは双方向でMB-3100の各機能を外部のコンピュータで制御することが可能です。





ラミナ横流しラインにおける含水測定例

主な特長

1. リアルタイム自動温度補正機能(オプション

2. マルチチャンネル方式(最大10chまで)
  ラミナ材のウォータースポットの検出にも威力を発揮します。
 

3. 短時間の移動でも確実に材の含水測定が可能

4. ATAが開発したマイクロビーム方式の新型センサが高精度の含水計測を可能にしました。

  標準仕様 

測定確度
1%(全乾値に対して)1σの領域
樹   種 杉、ヒノキ、ベイマツ、ホワイトウッド等
(樹種によっては測定できない場合がございます。ご照会時にお問い合わせください。)
材 寸 法 厚さ 18mm〜50mmのラミナ材
環境温度 40℃以下(標準環境における補償用温度計は標準付属。 赤外線温度計は別途見積。)
測定範囲 5〜35%
測定速度 材間隔速度 0.3秒以上
カタログは こちらをクリックしてダウンロードできます。

マイクロ波携帯用含水率測定はMC-3200EXのページこちらをご覧ください。
製材ラインの含水測定はこちらのMB3100もあります。

ATA Co.Ltd

株式会社 エーティーエー
東京都北区滝野川7−11−3 
電話番号 03−5961−5866
ファックス 03−5961−5867
本社・埼玉工場
E-mail  info@ata.ne.jp