ATAのhomeへリンク木材試験機メニューへ会社概要へ            ATAへメール 

Micro-Beam Moisture Meter for Lumber
 
製材用マイクロ波含水率計
 
MB-3100 正角・平角用タイプ


製材用含水率計

水分傾斜が大きな厚物でもクロスカット方式で正確測定
リアルタイム温度補正機能

MB-3100は(財)日本住宅・木材技術センターの認定機種です。
(認定番号:2-03-002)

概 要

MB-3100は、従来のマイクロ波含水率計が木材の繊維方向に沿って計測している方式と異なり、木材の繊維方向にマイクロ波ビームを直行させ、木材が横移動している最中に測定するマイクロ波透過型木材含水率計です。1台の本体に複数個のアンテナを接続でき、高速・高精度測定を可能にした、まさに含水率測定の革命機です。



マイクロ波透過型
木材含水率計 MB-3100本体
財団法人日本住宅・木材技術センター認定器

含水率測定の革新的測定方式 CC<クロスカット>方式とは  Cross Cut Method

 従来から、マイクロ波で木材の含水率を測定する場合、マイクロ波に対して木材を繊維方向に移動させて計測する方法が一般的でした。しかし、木材を繊維方向に移動(縦移動)させて計測する方法では、木材のように年輪があり、、年輪に沿って水分傾斜が大きくある材んおいては、マイクロ波の特性を十分に発揮させることができず、測定精度が損なわれておりました。
木材の繊維方向を直交して計測する<クロスカット>方式はその水分傾斜に弱い欠点を大幅に改善した、実用的なマイクロ波含水率測定方式です。





水分傾斜が大きな材も正確に測定できる。

主な特長

1. リアルタイム自動温度補正機能(オプション

2. 自動比重補正機能追加!(重量センサ必要:オプション)
 

3. クロスカット含水計測で芯持ち材の測定も水分傾斜を反映して正確に出来ます。

4. ATAが開発したマイクロビーム方式の新型センサが高精度の含水計測を可能にしました。

  標準仕様 

測定性能
5〜25%以内(D25まで)
樹   種 杉、ヒノキ、ベイマツ、ホワイトウッド等
(樹種によっては測定できない場合がございます。ご照会時にお問い合わせください。)
材 寸 法 厚さ 160mm以下
環境温度 40℃以下(標準環境における補償用温度計は標準付属。 赤外線温度計は別途見積。)
表示保証範囲 含水率30%を超える値はマイクロ波の特性上、保証範囲外参考データになります。
全乾比重0.365で35%まで、0.45で28%まで測れます。
(全乾比重の値により含水率の保証範囲が異なります)
カタログは こちらをクリックしてダウンロードできます。

マイクロ波携帯用含水率測定はMC-3200EXのページこちらをご覧ください。
ラミナ用の含水測定はこちらのMB3100もあります。

ATA Co.Ltd

株式会社 エーティーエー
東京都北区滝野川7−11−3 
電話番号 03−5961−5866
ファックス 03−5961−5867
本社・埼玉工場
E-mail  info@ata.ne.jp